• Home
  • /
  • うつ病を克服するための脳への理解

うつ病を克服するための脳への理解

うつ病の克服には、適度な運動が必要と言いますが一体どうしてうつ病と運動が関係あるのでしょうか。
レメロンのような抗うつ剤が開発されている中、そんな治療方法が何故重要なのか、ということについてを細かく解説していきましょう。

行動や運動によって与えるうつへの影響

適度な運動、特にリズムを持った運動というのは意識しなくても規則正しいリズムで呼吸をするようにします。
すると、呼吸が正しいリズムで行われるようになることで脳幹などが安定したり、内臓機能が正常に戻ろうとするんですね。
こうした、肉体的負荷による異常な働きを正常に戻してあげる事で実はうつ病の症状は軽くなることがあるんです。
意識的に呼吸を整えるような行動、というのは呼吸を司る脳幹への負荷を減らす事ができるので、脳への負担を減らすという意味でもうつ病の改善には効果的です。

脳幹を休ませるための行動

他にも、いつもせかせか急いで早歩きをしてしまう人や常に歯を噛みしめるようにしている人なんかも実は脳幹に負担を常にかけているのです。
ゆっくりと歩くようにすることで交感神経が休まり、脳幹へのストレスが軽くなります。
他にも、普段やっていることと違うことをするという事で常に負担をかけている脳幹や小脳と言った脳への疲労回復につながるんですね。
うつ病を起こす心や精神は、この脳幹や小脳が重要なので此処を休ませるのは即ち精神や心を休ませる事と同義なんです。

うつ病を治りやすくするためには

うつ病を克服するためには、まずうつ病を治しやすい体のしていくことが大事です。
呼吸が悪かったり、姿勢が悪かったり、体の動きが悪いと言ったことは全部精神を形作る脳の部分に負担をかけるため、これを改善することで克服につながるのです。

関連する記事