• Home
  • /
  • うつ病克服のポイント

うつ病克服のポイント

現代病の一つで、特に厄介な症状を持っている精神疾患と言えばうつ病ですね。
誰にでもなる危険性があり、なると治療にも時間がかかる上に明確な特効薬や治療法がないため、根気の必要になってくる症状であり現代の社会の闇を象徴しているとも言えます。

うつを克服するには

うつを克服する
うつ病は、様々なことが原因で起こる精神的疾患なのですが精神的なストレスによる重圧、食生活や日常生活の不摂生、生活環境と言った様々な要因によって発症する物です。
昨今は、うつの治療薬として抗うつ剤のレメロンなどのNassaと言ったような抗うつ効果の強い薬なども開発されてきてはいますが、あれも結局はうつ病の症状を改善させるだけであって飲めばうつ病がいきなり治るような代物ではありません。
更に、精神疾患ということもあって手術などで治す事もできないため治療には根気と時間、そして周囲の理解が必要なとても厄介な物なんですね。
さて、そんな厄介なうつ病というのは特に社会に出ると様々なストレスと不安に晒され、忙しさから不摂生な生活になっていくことで発症リスクはグッと高くなってしまうのです。
そんなうつ病になってしまったら、どのようにして克服していけばいいのかですがまずいちばん大事なのは感情の抑圧と思考の方向性ですね。
例えば、感情の抑圧ですが特に日本での社会で生活していくと嫌な気持ちなどを感じてもそれを表に出せない、という風潮があります。
そういったものを我慢する、と言ったことを感情の抑圧というのですがこれが度が過ぎるとうつ病になってしまうのです。
なので、感情を自分の中で我慢して我慢して溜め込みストレスを抱えっぱなしになってしまうような、所謂内向的な人間ほどうつになりやすいというわけです。

思考の方向性とうつ病の関係について

うつ病患者
もう一つ、重要になってくるのが思考の方向性ですね。
これは、その人の気持や考え方と言えばわかりやすいでしょうか?うつ病になりやすい人ほど、ネガティブ思考な人が多いんですね。
ネガティブ思考、というのはいわばある事象を目にした時や感じた時、それが自分にとって不穏なものである、或いは自分に対しての敵意だったり不快感を見せている物である、と言ったような感じで常に推測や思考が悪い方悪い方へ向かっていくことなんですね。
こういった感情は、特に自信の心に大きな負担をかける物なのでネガティブ思考の改善、というのはうつ病治療に置いて最も重要なことなのですが、一番厄介なのは人間はネガティブ思考をやめろと言ってやめられるような生き物ではないからです。
ネガティブになることをやめようと思っても、そもそもその人だって好きでネガティブ思考になっているわけではないわけですからね。
性格的なことや、育った環境などによって構築されていく思考回路というのは中々修正をするのは難しい物ですからね。
無理やりポジティブに考えようとしてもそれがストレスになることもありますのでとてもむずかしい問題です。

どうやって改善していけばいいか

感情の抑圧にしろ、ネガティブ思考にしろ気持ちの持ち方が重要になってくるのですがこれらは生活習慣を変えたり気持ちの癖の付け方で改善していくことができます。
健全な精神は健全な肉体に宿る、と言いますがやはり健康的な生活をするように心がけるだけでも、こういった心理的負荷は大分軽減されますので、少しずつ生活を見直していくというのは遠いようでうつ病克服の近道なんです。

レメロンの購入

レメロン個人輸入をお考えなら、
いろはウェブショップ「http://www.168webshop.org/medicine/psychiatry/remeron.html」